絶対に借りてはいけない金融業者のまとめサイト

人生を狂わせないために

「お金が必要だけど、手元にはない・・・」
そんな時はどうしますか?お金が必要だけどない場合は作るしかありませんよね。
しかし働いたからってすぐにお金が作れるわけではありません。そうなるとやっぱり「借りる」という選択肢しかありませんね。

 

急いでお金を借りたいとなると、ついつい焦ってすぐに貸してくれる金融業者を頼ってしまいます。
しかし、どういった金融業者なのかを知らないままお金を借りてしまっては大変なことになります。
少しのお金を借りたつもりが利子によってとんでもない金額を返済しなければならなくなったり、勤務先や自宅にしつこい返済要求がきてしまい周囲から白い目で見られたり、はたまた家族や親せきにまで迷惑をかけてしまうなんてことも起こってしまいます。

 

「ちょっとのお金を借りるだけだから大丈夫。」という気持ちで安易に金融業者を選ぶのは止めましょう
後々後悔することになります。
人生勉強だと思えるくらいの後悔ならまだしも、後々の人生を狂わせてしまうことも・・・

 

このサイトは「絶対に借りてはいけない金融業者のまとめサイト」です。
借りてはいけない金融業者の特徴と見分け方を紹介しています。
これからお金を借りようとしている人々の参考になれば幸いです。

 

借りてはいけない金融業者を見極めて借りる。

国に登録をしていない・登録番号を偽っている

お金を貸すという業務を行うためには、国から認可を受けて登録をしなければなりません。
しかし、中には国から認可を受けていない金融業者が存在します。
また、登録番号を表記していても、架空のものであったり、他の金融業者のものを無断で使っている場合もあります。
国から認可を受けられず登録していないということは、「正式に認められた金融業者ではない」ということになります。

金融業者でお金を借りる時にはまず、登録しているかどうか、偽りの登録番号ではないかどうかを調べましょう。

 

〜登録情報の調べ方〜

調べるには、金融庁HPに載っている「登録貸金業者情報検索サービス」というものを利用します。
「登録貸金業者情報検索入力ページ」にアクセスし、調べたい金融業者の登録番号・所在地・商号・名称・代表者名・電話番号などを入力すると、その登録番号の金融業者の情報が表示されます。
当然ながら登録されていない金融業者は表示されません。

 

また、偽りの登録番号であれば正式登録してある金融業者の情報が表示されます。
登録番号はパソコンやスマホで簡単に調べられるので、一度試してみると良いでしょう。
それでも不安な時は登録先の財務局や都道府県に直接問い合わせることも出来ますよ。

安全なローン会社はコチラ

お金を安全に借りたいなら下記のようなまとめサイトでどこで借りるのか検討してみましょう。テレビCMなどで見る会社を選べば間違いありません。サラリーがあって、20歳以上であれば、ほぼ審査には通るはずです。
e-即日融資・・・大手消費者金融などについて解説

知っておいてほしい役立つ知識

ブラックOK

ブラックリストとは「警戒が必要な人物または団体」とされています。犯罪行為を犯したもの、またはその可能性があるものや
社会に悪影響を与える企業などいろいろな分野で・・・続きはこちらから

 

090金融

街中の電柱やガード下にベタベタ貼られている金融業者の広告を見たことがある人も多いはず。
大抵それらの広告は090〜や080〜などの携帯電話の番号と、業者名・・・続きはこちらから

 

高利貸し

消費者金融はお金を貸すことが仕事です。そのため、利益を生むための手段となるのが利息です。金融業者も慈善事業ではないのですから当然ですけどね。しかし、利息はそれぞれの金融業者・・・続きはこちらから

 

家具リース金融・車リース金融

家具リース金融・車リース金融はお金が必要だけど、ブラックリストに載ったりして大手の消費者金融から融資を受けられない人がターゲットになりやすいですね。まずはどのようなものなのか・・・続きはこちらから

 

整理屋

いくつもの金融業者からお金を借りている場合、多重債務で苦しいですよね。そんな苦しさを狙ってくるのが「整理屋」と呼ばれる悪徳金融業者・・・続きはこちらから

 

金貨金融

昔からあるあくどい手口に加えて、新たに加わった絶対に借りてはいけないものに「金貨金融」というものがあります。
これもまた巧妙な手口で・・・続きはこちらから

 

 

システム金融

アベノミクス効果で景気が回復しているとはいえ、まだまだ経営が苦しい中小企業はいっぱいあります。
そんな経営が難しい中小企業をターゲット・・・続きはこちらから